持ち家信仰はもう古い?若い世代が賃貸物件を選ぶこれだけの理由

固定資産税がかからない点が大きい

持ち家は、一戸建てでもマンションでも、固定資産税を支払う必要が出てきます。毎年一月の一日に発生して、これは不動産を持っている限りなくなることがありません。古い物件なら固定資産税もそれほど高くはなりませんが、やはり気持ちのいいものではありません。賃貸物件なら、もちろん固定資産税は自分で支払う必要がなくなって便利です。少しでも税金を安くしたいだとか、お金の悩みを減らしたいときには、賃貸物件はベストな選択になる可能性があります。物事をシンプルに考えられるのがいいですね。

頻繁な引越しにも対応が可能

不動産を購入してしまうと、その不動産に自分の行動を縛られてしまうケースが出てきます。家があるからその土地を離れられないという人は今でも多いですよね。賃貸物件に住んでいる人なら、そうした縛りはなくなります。日本全国どこにでも賃貸物件はありますし、特殊な契約を結んでいない限りは退居も簡単にできるからです。最近は敷金礼金無しの物件も増えてきていて、頻繁に部屋を変更してもあまり負担にはならなくなってきている点も大きいですね。

災害時にも経済的なダメージがない

日本は各種災害が多発する国です。特に地震は世界でも一番と言っていいぐらい多く、地震保険に入っている人の数も多いです。持ち家の場合は、どうしても災害リスクに頭を悩ませなければなりません。数千万で買った家が災害で潰れてしまうと厄介ですし、そうしたリスクを回避するために賃貸を選択するのも間違いではないでしょう。賃貸は、火災保険ぐらいに入っておけばそれでよく、万が一の場合にも経済的なダメージはほとんど発生しません。

江別市の賃貸はJR高砂駅の近くが良いでしょう。国道12号線や市役所が近く、江別市最大のショッピングセンターもあります。